カードローン 借り換え

MENU

お金を借りることの責任について

お金を借りると、当然返済責任が発生します。借りたお金は、所定の決められた日までに返済しなくてはいけません。

 

仮に返済が遅れた場合、遅延利息を支払えば済む問題だけでは無くなります。やはり社会的な信用を失うと考えた方がいいでしょう。

 

一度失ってしまった信頼というものはそう簡単には取り戻せません。クレジットカードを作れなくなったり、住宅ローンを組めなくなったりします。

 

金融業者は、お客様を信じてお金を貸しているわけで、その信用を裏切ることを決して行ってはいけません。学生だから許されるということも有りません。

 

学生も、お金を借りるのは当然返済責任が生じますし、遅れれば信用を失うことになります。これは、社会のルールです。このルールを守れないと社会人として失格になります。